倦怠期の夫婦生活を打開する効果は思いやりに限る!

最初は新鮮でも

付き合っていた当初は相手の全てが愛しく思えていたのだとしても、結婚して夫婦生活を送っていくうちに目新しさなんていうものは一切存在しなくなってしまうと言えるでしょう。

ずっと同じ気持ちでいれれば言うことはないかもしれませんが、人間というものは幾つになっても変化を求める生き物なので、繰り返しが過ぎると飽きてしまうことになります。

結果が分かっている本を何度も何度も読み返すことがあまりないように、いつかは共同生活にだってマンネリを感じてしまうので、打開策を考えていかなくてはいけないでしょう。

当初はセックスだって毎日のように行っていたのだとしても、時間が経過するに従ってどんどん回数が減ってきてしまった・・・。という今だからことできることがあるはずです。

男性だとするのならば、あまりにも妻に対して性交渉を行っていないと、ひょっとして私は飽きられてしまったのかな?と思われてしまって浮気されてしまうことになるかもしれません。

自分のパートナーが、どこの馬の骨かも分からないような人間に抱かれているのを想像して興奮する人も世の中にはいるかもしれませんが、基本的には良い気分にはならないでしょう。

むしろ寝取られてしまったことによって様々な感情が交錯して、結果として傷害事件になるというケースも多々あるので、早急に対処するべき事態だと言うことができるはずです。

無理をしない

このままではいけない・・・!ということを思って無理してセックスをしたとしても、義務感から生じているようなものに、快楽を見いだすことは難しいので逆効果になってしまいます。

どうせならば相手も自分も思いっきり満足できるような新しい一手を考えていくべきですし、時には今まで使ったことがないような大人のおもちゃを使用するのもいいかもしれません。

最初のうちは嫌がられることもあるかもしれませんが、今まで感じたことがなかった性的興奮を引き出すことができたのならば、きっとマンネリ解消に役立てられるはずです。

長続きさせるためには

いくら身体の相性が良いとは言ったとしても、毎日のように身体を重ね合ってしまっているようでは、飽きてしまうのも仕方ないことだと言えてしまえるので時には緩急をつけましょう。

決まった曜日にするというのも良いことではありませんので、あくまでもランダムな時間帯に行っていくのがいいですし、時には朝方にセックスしてから出社というのも刺激的かもしれませんね。